« 2006年9月 | トップページ | 2009年6月 »

2006年11月の4件の記事

2006/11/12

携帯からだと・・・・

投稿してもRSSのファイル更新されないみたい。

なんかちょっと淋しいな。

と言うことで、更新されなかった日のブログのアドレス。
http://kurobee-cafe.air-nifty.com/orenoblog/2006/11/_de__521d.html


ココログの事務局に文句つけてやろう。
「真鍋かをりは、携帯から更新してもRSSが更新されるのに、なんで個人はされないんだ。」と。

父親達の星条旗

クリントイーストウッドの二部作。
太平洋戦争の硫黄島の戦闘を、
二つの視点から表現しようという作品だ。

次の硫黄島からの手紙も見て、改めて二部作について
述べたいと思うが、この映画観ていて辛いモノがある。
一部にグロいシーンも有るので、心臓の弱い人間は
安易に観ない方が良い。思わず顔を背けたシーンも有った。

なぜ戦争をするのか、なぜ続けるのか、なぜ戦うのか、
人の業は実に罪深い。

欲や富に惑わされて人を殺めたり、殺めるような事に
荷担するような事だけはしたくない。強くそう思った。

7月24日通りのクリスマス

最近はお約束になってきたこのパターン。
土曜は昼間で寝て、起きたら会社で仕事して、
レイトショーが始まる時間に合わせて映画館へ・・・

一人じゃなけりゃ、いいんだが、そこは、まぁ、仕方ない。

そういうわけで、大沢たかお&中谷美紀の「7月24日通りのクリスマス」を観てきた。なんつーか、ベタなんだけどもそこが俺にはちょうど良くて。

心が温まりつつも、80~90年代のトレンディドラマ(古くさっ)を彷彿とさせる展開とハッピーエンドは、安心して観れる。けど面白かった。(あの外人のおっちゃんとボクちゃんは、劇中でかなり重要なマスコットなのだが、ちょっと濃いクドいw)

俺的には、奥田聡史(大沢たかお)の、「お前が好きなのは、いまの俺じゃない。」のシーンが好きだ。多分、大勢の人は中谷の方の感情にばかり気を取られてしまうシーンだけども、このカットでの大沢たかおの演技には、ちょっと武者震いしてしまった。

「まわりの評価と自分の評価とのギャップ、それに誰も気づいてくれない。」
判ってくれとは言わないが、これが俺の今の正直な気持ちなんだ。そう言わんばかりに捲したてて、サユリを泣かせてしまう・・・・・言った後で悔やむ聡史・・・。
そんな男の寂しさというか、暗い部分。でも決して弁明はしない。ホントは男だって感情をぶつけたいんだ。的な所を素直に演じきった見事なシーンだと思う。

佐藤隆太演じる森山の「やっぱり見えてない」も去ることながら、上野樹里が出ててビツクリ。しかもあんな・・・・・あわわわ。
あ~おもしろ。観て良かったわ。


しかしまーなんだ、あれだ、切ねぇ。

2006/11/08

代休 de 平日ツーリング♪

代休 de 平日ツーリング♪

先月末、週も半ばの火曜日に代休を貰った。(取らされた)

家で寝ててもしょうがないので、昼からツーリング。
久々の中距離日帰りツーリング。
思い付きで千葉の銚子まで行ってきました。


写真は銚子漁港の銚子ポートタワー。

もう寒いね。気が着いたらツーリングに良い季節は終わってましたよ。
乗れなくなる前にツーリングできたのでかなりリフレッシュできたっぽい。

そんなに仕事が忙しかったのかな…
確かに溜まるものは沢山有ったなぁ…。

何のために仕事してるんだろ。
生きるため?

でも、ゆとりが無くて生きてる実感無いんだよね。
生き甲斐はバイクとスキーとコーヒーと鯖いじり。
どれも満足できてない。
要領が悪いのは判っていたけど、判って居てなお改善できないんだから質が悪い。

皆さんは生き甲斐を満足させてますか?

« 2006年9月 | トップページ | 2009年6月 »

フォト

ついったぁ


無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック