« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | 携帯からだと・・・・ »

2006/11/12

父親達の星条旗

クリントイーストウッドの二部作。
太平洋戦争の硫黄島の戦闘を、
二つの視点から表現しようという作品だ。

次の硫黄島からの手紙も見て、改めて二部作について
述べたいと思うが、この映画観ていて辛いモノがある。
一部にグロいシーンも有るので、心臓の弱い人間は
安易に観ない方が良い。思わず顔を背けたシーンも有った。

なぜ戦争をするのか、なぜ続けるのか、なぜ戦うのか、
人の業は実に罪深い。

欲や富に惑わされて人を殺めたり、殺めるような事に
荷担するような事だけはしたくない。強くそう思った。

« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | 携帯からだと・・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父親達の星条旗:

« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | 携帯からだと・・・・ »

フォト

ついったぁ


無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック