日記・コラム・つぶやき

2017/07/27

また記事をぼちぼち書いていこうかな

昔の記事は恥ずかしいけど残しとこう。

2006/11/12

携帯からだと・・・・

投稿してもRSSのファイル更新されないみたい。

なんかちょっと淋しいな。

と言うことで、更新されなかった日のブログのアドレス。
http://kurobee-cafe.air-nifty.com/orenoblog/2006/11/_de__521d.html


ココログの事務局に文句つけてやろう。
「真鍋かをりは、携帯から更新してもRSSが更新されるのに、なんで個人はされないんだ。」と。

父親達の星条旗

クリントイーストウッドの二部作。
太平洋戦争の硫黄島の戦闘を、
二つの視点から表現しようという作品だ。

次の硫黄島からの手紙も見て、改めて二部作について
述べたいと思うが、この映画観ていて辛いモノがある。
一部にグロいシーンも有るので、心臓の弱い人間は
安易に観ない方が良い。思わず顔を背けたシーンも有った。

なぜ戦争をするのか、なぜ続けるのか、なぜ戦うのか、
人の業は実に罪深い。

欲や富に惑わされて人を殺めたり、殺めるような事に
荷担するような事だけはしたくない。強くそう思った。

7月24日通りのクリスマス

最近はお約束になってきたこのパターン。
土曜は昼間で寝て、起きたら会社で仕事して、
レイトショーが始まる時間に合わせて映画館へ・・・

一人じゃなけりゃ、いいんだが、そこは、まぁ、仕方ない。

そういうわけで、大沢たかお&中谷美紀の「7月24日通りのクリスマス」を観てきた。なんつーか、ベタなんだけどもそこが俺にはちょうど良くて。

心が温まりつつも、80~90年代のトレンディドラマ(古くさっ)を彷彿とさせる展開とハッピーエンドは、安心して観れる。けど面白かった。(あの外人のおっちゃんとボクちゃんは、劇中でかなり重要なマスコットなのだが、ちょっと濃いクドいw)

俺的には、奥田聡史(大沢たかお)の、「お前が好きなのは、いまの俺じゃない。」のシーンが好きだ。多分、大勢の人は中谷の方の感情にばかり気を取られてしまうシーンだけども、このカットでの大沢たかおの演技には、ちょっと武者震いしてしまった。

「まわりの評価と自分の評価とのギャップ、それに誰も気づいてくれない。」
判ってくれとは言わないが、これが俺の今の正直な気持ちなんだ。そう言わんばかりに捲したてて、サユリを泣かせてしまう・・・・・言った後で悔やむ聡史・・・。
そんな男の寂しさというか、暗い部分。でも決して弁明はしない。ホントは男だって感情をぶつけたいんだ。的な所を素直に演じきった見事なシーンだと思う。

佐藤隆太演じる森山の「やっぱり見えてない」も去ることながら、上野樹里が出ててビツクリ。しかもあんな・・・・・あわわわ。
あ~おもしろ。観て良かったわ。


しかしまーなんだ、あれだ、切ねぇ。

2006/11/08

代休 de 平日ツーリング♪

代休 de 平日ツーリング♪

先月末、週も半ばの火曜日に代休を貰った。(取らされた)

家で寝ててもしょうがないので、昼からツーリング。
久々の中距離日帰りツーリング。
思い付きで千葉の銚子まで行ってきました。


写真は銚子漁港の銚子ポートタワー。

もう寒いね。気が着いたらツーリングに良い季節は終わってましたよ。
乗れなくなる前にツーリングできたのでかなりリフレッシュできたっぽい。

そんなに仕事が忙しかったのかな…
確かに溜まるものは沢山有ったなぁ…。

何のために仕事してるんだろ。
生きるため?

でも、ゆとりが無くて生きてる実感無いんだよね。
生き甲斐はバイクとスキーとコーヒーと鯖いじり。
どれも満足できてない。
要領が悪いのは判っていたけど、判って居てなお改善できないんだから質が悪い。

皆さんは生き甲斐を満足させてますか?

2006/09/18

なげーよ

明日の東京地方の天気予報・・・・・・

リンク: 気象庁 | 天気予報.

北東の風 後 南の風 23区西部 では 南の風 やや強く くもり 昼過ぎ まで 時々 雨 所により 昼前 から 昼過ぎ 雷 を伴う波 0.5メートル 後 1メートル


・・・・・・長すぎっ。

かにゴールキーパー観てます。
その次はフライトプラン観て、最後にスウィングガールズの番外編観ます。

2006/03/31

The Internet

ご存じだろうか。この世界の正式名称を。

94年当時、私は中学生だった。まだMosicがNCSAから大々的に世に送り出されたばかりの頃。誰もインターネットに興味は無かった。誰もパソコンなんて興味が無かった。

そんなインターネット普及期初めに創刊されたのが、インターネットマガジンである。いまでも当時のインターネットマガジンを覚えている。WEB自体が物珍しいなかで、よくもあれだけの情報量を提供できたものだ。そんなかの月刊誌も通巻136号でその歴史にピリオドを打つ。

リンク: Yahoo!ニュース - impress Watch - 「インターネットマガジン」が休刊、Webを主体としたクロスメディア展開へ.

明日は私の人生を決定づけたと言っても良いこの雑誌を、6年振りに買いに行こう。いまでもあのネットマップは付録に付いてるのだろうか。2000年辺りには、紙面が真っ黒になるくらい、ISPが増え、LINEが引かれていたために、CDでの提供になった。あの当時は、猫も杓子もインターネット。ISPの群雄割拠であったために、そのような状態であったが、その後ITバブルの崩壊と共に弱小ISPは淘汰された。もしかすると現在のISP相関図は、6年前よりもシンプルになっているかもしれない。非常に楽しみである。

なぜ買わなくなったかというと、大学の方が楽しくなったからだ。今思えば、技術レベル、知識レベルの向上はあそこで伸び率を失っていた。しかし、それでも通信技術の素地を作るきっかけは、パソコン通信であり、インターネットであったのは事実。そうでなければ、デジタル1種なんて取らなかっただろう。完全に自己満足だった。大学入学に使える資格でもなく、通信設備会社への応募では書類オチ。この資格が活かせる職場に行きたい。今でも思う。大学入試で使った初級シスアドなんかよりずっと難しい試験なのにね。やっぱり、遊びたくて文系に行ったのは間違いだったか?(んなこたぁない

あの大学に行って良かった。そう思って卒業できた事はとても幸せ。技術なんて必要になれば直ぐに得られると思ったからこそ、文系を選んだのだ。そして、その選択は間違っていなかった。そう断言できる。

だから、きっと、今の仕事、会社を選んだ事も間違ってはいない。いまは自分のポテンシャルを引き出すための訓練をしているだけだ。自分に求められている役割とポテンシャルのバランスが崩れた時、それが職という名の坂道を転がる時だろう。それは上り坂が下り坂に変わっただけ。そう、山の頂上を越えた時のように。。。。

久しぶりに連想ゲーム的な日記を書いたぞ♪(人はそれを支離滅裂と言う)

2006/03/08

なんつーか

ドンマイ。

放置してたけど、これ読んだらトラバしたくなったよ。

ドンマイ24歳。来週にゃおいらも24だな。。。

眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ: 眠れる森の○○

2006/01/05

いつかやりたいあんなこと

客先が
温泉スキー
名所なら
実現するかも
スキーばか日誌


くろべぇ 心の一句

2005/12/19

冬本番です

東京はかなり寒いと聞いていたが、本当に名古屋より寒いみたい!(雪はまだ降ってないけどね)
まず部屋が寒い!(致命的)下の階が駐車場でもろ底冷え。
それでも迫り来るシーズンを思うと、部屋の寒さも何のその。テンションあがるねっ!

そんな訳で、スキーのチューニングとウェアの新調をするために、錦糸町のラグリーというショップへ行って来ました。
この店は錦糸町、いや墨田区唯一のスキー専門店でなんでこんな所にあるの?というお店です。
イメージ的には大曽根のスポーツハイムみたい。
タウンページに載ってたから行ってみただけという、非常に弱い動機ながらもこれからお世話になろうと思います。

今度のウェアは、真っ黒なオンヨネ♪

早くゲレンデに行きたぁいぃ〜!!


実は同時にスーツ二着も買いました。二着で三万のやすいのだけど〜w

はぁ、そろそろヤバいよっ!(ナニが?

より以前の記事一覧

フォト

ついったぁ


無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック