WebMailServer構築

2005/01/26

WebmailServer Vol.2

さてさて、早くもActive!mailに不満点が出てきました。

プロバイダから自分のメールサーバに用意したメールアドレスへ転送をかけていて、
Becky!でメールを送信する際は自分のサーバーからプロバイダのアドレスを装って
送信をするようにしているのです。俗に言うFromヘッダの詐称なのですが。

普通ではspamメールの送信を防ぐために、こういう設定は許可していないんです。
でも、限られたIPからはFrom:ヘッダを詐称していても送信できるように
設定しているのですよ。でも、Active!mailだとユーザーの意図で送信する際の
メールアドレスを変更できないんですねぇ。ちょっとしたスクリプトなら自分で
いじってやればいいのですが、Cでコンパイル済みのプログラムなので
一筋縄ではいきません。Active!mailも余計なお世話を焼いてくれますねぇ(苦笑)

まぁ、セキュリティ的観点から言えば、こちらの方が良いのですが、柔軟性に欠けます。
そこで考えたのは、導入したばかりのActive!mailから他のWebmailServerに乗り換える。

IMAPで運用しているので、メールデータの移行とかそんな事考えなくていいので
気楽にメーラーを変更できるんですよ。スバラスィですねぇ。
スバラスィーバ、スパスィーバ♪

候補としては、ココに載っているソフトが
有力なんですが・・・・どれも今回の用件を満たすかどうか不明なんですねぇ。
入れてみないと判らないってのは、ちょっと労力が要ります。

ってことで、Windowsクライアントに簡易なWEBサーバーでも立ち上げて、
評価してみることにします。では。

2005/01/25

webmailサーバー構築のまとめ

今回は、Webサーバーとして既にapacheを、SMTPサーバーとしてqmail
IMAPサーバーとしてCourierImapを導入済みであるので、行うべき
作業は比較的単純かつ簡単なものであった。

OSに合ったアーカイブをトランスウェアのサイトから入手。
cd /usr/local
tar xvzf [入手したファイル名]

次に、active!mailでユーザー用に用いるディレクトリの所有者を
apacheの使用するUIDに変更し、アクセス権限を次のように変更する。

cat /etc/httpd/conf/httpd.conf | grep User
等として、apacheの設定ファイルに設定してあるUIDを確認。

chown -R [UID] var
chmod -R 700 var
chmod 707 var var/tmp var/log


/etc/httpd/conf/httpd.conf
<IfModule mod_alias.c>
Alias /active-mail/ "/usr/local/activemail/login/"
Alias /am_viz/ "/usr/local/activemail/visual/"
ScriptAlias /am_bin/ "/usr/local/activemail/bin/"
ScriptAlias /amm_bin/ "/usr/local/activemail/amm_bin/"
</IfModule>

を追記。追記する場所は、念ために<IfModule mod_php4.c>の直前に
入れることにした。


/usr/local/activemail/system.cfg
DOMAIN_NAME: kurobee.ddo.jp
HTTP_SERVER: kurobee.ddo.jp
HAVE_NAMESPACE: YES
IMAP_SERVER_TYPE: COURIER
DOT_FORWARD_TYPE: .qmail
QMAIL_STORE_TYPE: maildir
ADMIN_ID:
OP_PASSWD_OPTION: no

Active! mailの設定で触ったのはこの程度。

Active! mail 2003

Active! mail 2003

久しぶりにActive! mailの設定作業でもしようかと思って、勤務中だけど
SSHで自宅サーバーへログインしたのよ。トランスウェアのページから
PDFマニュアルを開きつつ、作業をしていたら・・・・・あれまっ

できちゃったよぉ~~~~~!!!!

050125


ということで、Webmail Server 事始めもこれで最終回ですwww

だって、簡単にできちゃったんだもん。。。。。


でもこれで、USBメモリにメーラー入れて持ち歩く必要も無くなったし、
出先のどこからでもメールチェックどころかメール送信もできる♪
しかも、IMAPだから未読がどーのこーの考えなくてOK!!

う~ん、ナイスだぜ。

2004/10/31

WebMail Server Vol.1

IMAPに対応したフリーのサーバは無いかなぁと探していたら、
なんと大学でも使っているActive! mailがそれに対応してました。

でも、これって有償だろぉ・・・・・・・ん!

5ユーザまでの使用は、無償で利用できるんですと!

Active! mail -機能性とセキュリティに優れた新世代のWebメール--- 株式会社トランスウエア

これから、Active! mailのインストール作業に関するログを載せていこうと思います。

2004/10/30

WebMailサーバー事始

自宅のノートがイカレタ・・・・・。

GHOSTイメージも虚しく、OSから再インストール。


そんな矢先に、USBメモリもイカレタ・・・・。

センターのウィルス騒動に、このフラッシュメモリが一枚噛んだ模様。


メールボックスのみならず、メーラーまで持ち歩くのが鬱な今日この頃。


自宅サーバーにIMAP対応のWebMailサーバーも入れてしまえ!

えぇ、もう鬱ですから。なんでもしますよ・・・・


でも、今度は自宅サーバーのHDDが飛びそうな悪寒。
フラッシュメモリで済んでるうちに、サーバーのバックアップを取ろう。
だれか、ハードディスク頂戴・・・・(/ o ;)>

フォト

ついったぁ


無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック